Guest Mix for Clubberia Japan

CB336cover

Tomasz Guiddo

ポーランド・ワルシャワ出身のDJ/プロデューサー。現在は中国南東に位置する深圳市に拠点を移し、レコードショップ「Vinylhouse」の設立に携わる。20年以上のDJキャリアのなかで、ニューヨークのMoMA PS1やベルリンのBerghainなど世界の主要クラブでのプレイを経験。プロデューサーとしては、ドイツの名門レーベル「Compost」やBerghainの運営するレーベル「Ostgut Ton」、ニューヨークの「Beats In Space」といったレーベルから楽曲をリリース。2005年からはRadioJAZZ.FMでジャーナリストを務めるなどその活動は多岐にわたる。

clubberia logo

-Interview-

1.このミックスはどちらで収録したものですか?
深圳のホームスタジオで録音したよ。引越し前でほとんどの機材を既に片付けてしまっていたから、ターンテーブルでミックスに入れたいバイナルをいくつかデジタル化して、AbletonとKorg NanoKontrolを使って制作したよ。

2.コンセプトがあれば教えてください。
今回はさまざまな要素を含んだミックスを作りたかったんだ。新譜からお気に入りの旧譜まで、僕が普段クラブでプレイするような楽曲を使ったよ。

3.最近の活動を教えてください。
最近西安市に2店舗目のレコードショップを開店したから、すごく忙しいね。あとはロンドンの友人のMoussa Clarkeと一緒に「Fine Coincidence Recordings」を始めるよ。素晴らしいアーティストを既に契約出来たから今後が楽しみだね。